ウィピル(グアテマラ女性の民族衣装)

グアテマラの服

ウィピル

ウィピル(huipil)とは メソアメリカの先住民族の民族衣装の1種で、基本的には長方形の織物を2~3枚縫い合わせて作られた貫頭衣です。「ウィーピル」とも表記されたる、ユカタン半島では「イピル」(hipil)と呼ばれたりもします。基本的に女性用で、子どもからお年寄りまで、年齢に関係無く身に着けています。
ウィピル(グアテマラ女性の民族衣装)ウィピル(グアテマラ女性の民族衣装)
サンティアゴアティトランのウィピル
グァテマラ国における女性の民族衣装について
ウイピル 貫頭衣(風の旅行社)
グアテマラ民族衣装(東京家政大学)

コルテ(Corte)

高機で織る腰衣。縞や格子、無地など村ごとに違います。
ギャザー付きのスカートタイプを履く村もあります。
ウィピル(グアテマラ女性の民族衣装)ウィピル(グアテマラ女性の民族衣装)

シンタ(Cinta)

髪や頭に巻きつける飾り。織物の女神イシュチェル(Ix Chel)の頭に巻かれている蛇を表します。
ウィピル(グアテマラ女性の民族衣装)ウィピル(グアテマラ女性の民族衣装)

ファハ(Faja)

刺繍や縫取りをした広幅の帯。女性はコルテの上から巻きつけ、男性はズボンの上から腰に巻いて結びます。
ウィピル(グアテマラ女性の民族衣装)ウィピル(グアテマラ女性の民族衣装)

スーテ(Tzute)

物を包むのに使ったり、幼児を包んでおぶったり、頭にかぶる万能な多目的布です。
ウィピル(グアテマラ女性の民族衣装)

ペラッヘ(Pelaje)

大判のショール。防寒や日除けにも使われる布です。
ウィピル(グアテマラ女性の民族衣装)ウィピル(グアテマラ女性の民族衣装)
グアテマラの民族衣装