グアテマラのコーヒー

コーヒーの名産国グアテマラ

グアテマラはコーヒーで有名で、中米ではメキシコに次いで生産量が多く、日本にも多く輸入されています。グアテマラは日照時間が長く、火山によりミネラル豊富な土と、亜熱帯地域の適度な雨量や高い標高なので昼暖かく夜は涼しい気候からコーヒー生産に適しています。
グアテマラのコーヒーグアテマラのコーヒー

レインボーマウンテン

ウエウエテナンゴ、サンマルコス、アティトラン、アカテナンゴ、アンティグア、フライハネス、オリエンテ、コバンの8地域が主な産地です。缶コーヒーBOSSのレインボーマウンテンはこの内の7つをブレンドしたコーヒーです。
グアテマラのコーヒーグアテマラのコーヒー

日陰栽培

多くは豊かな風味の「アラビカ種」を栽培しています。コーヒーは元来熱帯林の中で育ち、木は直射日光を嫌うので、周囲に背の高い木(シェイドツリー)を植えて日陰を作ります。普通1〜3月開花し、9月〜4月に収穫します。
グアテマラのコーヒーグアテマラのコーヒー

収穫

多くの農園は手摘みで収穫した後に水洗いして果肉を取り除き、ゆっくり天日にて乾燥させています。 グアテマラの豆は、産地の標高で7等級に分けられます。高地産の豆は昼夜の寒暖差により実がしまり、良質の酸味とコクのある最高級のコーヒーのひとつとされています。
グアテマラのコーヒーグアテマラのコーヒーグアテマラのコーヒーグアテマラのコーヒーグアテマラのコーヒーグアテマラのコーヒーグアテマラのコーヒー

グアテマラ通信26号(コーヒー)

コーヒーの品種

アナカフェ14
耐性品種コーヒーの初収穫