グアテマラの環境問題

ゴミ問題

不法投棄なども多く、日本からも環境教育隊員が各地に派遣されています。
グアテマラの環境問題
サンタクルスデルキチェ市の条例では、全ての家庭・事業者は、市に認可されたゴミ回収業者の有料ゴミ回収サービスを利用しなければなりません。日本と違い、税金ではなく、各個人が回収サービス料を払わないといけないのが問題が生じるの1つの理由です。ゴミ回収サービスの利用料金は、一般家庭であれば、月額約25〜30Q(約300〜400円)。学校や大きな薬局は約100Q(約1,300円)、レストランやホテルは約200Q(約2600円)と規模が大きくなるほど利用料金があがります。
サンタクルスデルキチェ市のゴミ拾い活動(Facebookページ)

ウィックピッカー(スカベンジャー)と呼ばれるゴミを拾って生活する人はグアテマラにも存在します。

水質汚染

世界一美しいと言われたアティトラン湖では水質汚染が問題となっており、多くの団体の支援が入っています。
グアテマラの環境問題グアテマラの環境問題

サンペドロ・ラグーナ、ビニール袋を禁止に