サン・パブロ・ラ・ラグーナ(San Pablo la Laguna,グアテマラ共和国)

マゲイの繊維を使った工芸品で知られる町

サンフアンララグーナからピックアップで約15分(Q3)、サンペドロラグーナからトゥクトゥクで約20分(Q10)、サンタクラララグーナからピックアップで約30分(Q5)の場所にあるアティトラン湖の西側に位置する町。標高1561m。守護聖人はPablo de Tarso、祭りは1月25日。
緩やかな斜面に街が広がっており、農業も漁業も共に盛んです。マゲイ(竜舌蘭)を栽培しており、その繊維を編んで縄や漁網、ハンモックなどが作られています。

教会

サン・パブロ・ラ・ラグーナ(San Pablo la Laguna,グアテマラ共和国)サン・パブロ・ラ・ラグーナ(San Pablo la Laguna,グアテマラ共和国)

市庁舎

サン・パブロ・ラ・ラグーナ(San Pablo la Laguna,グアテマラ共和国)

メルカド

サン・パブロ・ラ・ラグーナ(San Pablo la Laguna,グアテマラ共和国)サン・パブロ・ラ・ラグーナ(San Pablo la Laguna,グアテマラ共和国)

町並み

サン・パブロ・ラ・ラグーナ(San Pablo la Laguna,グアテマラ共和国)サン・パブロ・ラ・ラグーナ(San Pablo la Laguna,グアテマラ共和国)サン・パブロ・ラ・ラグーナ(San Pablo la Laguna,グアテマラ共和国)サン・パブロ・ラ・ラグーナ(San Pablo la Laguna,グアテマラ共和国)
髪の毛を染めている子どもが他の地域より多いなど、東南アジアの途上国感の雰囲気のある町でした。
ソロラ県のその他の町