グアテマラの交通安全教室

交通安全指導

グアテマラは日本に比べて交通事故が多い国です。シートベルトは未着用が普通で、スピード違反や飲酒運転も少なくありません。免許の教習システムが日本ほどしっかりしておらず、免許を取得して数年経てば簡単な試験でチキンバス(大型バス)も運転できる免許に更新可能だと聞きました。そんなグアテマラでは、交通安全の知識は大切です。警察が学校で行う教室の様子について紹介します。
グアテマラの交通安全教室

車になりきる

日本では幼稚園で見かける、ドライブごっこ遊び。グアテマラでは交通安全教室で使われています。子どもたちは夢中になて取り組み、スピード違反で転ぶ子どももいました。
グアテマラの交通安全教室グアテマラの交通安全教室
グアテマラの交通安全教室グアテマラの交通安全教室
信号や横断歩道がある場所は首都以外では少ないので、車の標識を指導する必要があります。「Alto(止まれ)」などの標識は各地で見られます。止まらなくてはいけないことについて指導していました。
グアテマラの交通安全教室グアテマラの交通安全教室

まとめ

交通設備が日本ほど整ってはいませんが、交通安全指導をしようとするという意識が感じらました。大切なことがどれほど頭に入っているのかはわかりませんが、おまわりさんの話を延々と聞くよりも、間違いなく楽しいだろうなとは思いました。
グアテマラの交通安全教室
その他のグアテマラ情報