バーレーン

マナーマ

奄美大島とほぼ同じ大きさのバーレーン。中東諸国は豊富なオイルマネーを背景に建設ラッシュで、バーレーンもその一つです。ここはアラブで初めて石油が出た地ですが、その石油もあと20年もしないうちに枯渇すると言われています。郊外に行くと、砂の上に石油の採掘施設と古いパイプラインがむき出しになっていて、歴史を感じます。

ドバイのラシード元首長が残した言葉で「私の祖父はラクダに乗り、父もラクダに乗り、私はベンツに乗っている。息子はランド・ローバーに乗り、その息子もランド・ローバーに乗るだろうが、さらにその息子はラクダに乗るであろう」という一節があります。現在華やかでオイルマネーで潤う中東諸国もその繁栄は長く続かないのであろうというのを感じさせる国でした。
バーレーンバーレーンバーレーンバーレーンバーレーンバーレーンバーレーンバーレーン
バーレーンバーレーンバーレーンバーレーンバーレーン
バーレーンバーレーン
10924185_10206251921963917_1142655597746353865_o10847446_10206251919563857_3264211240063250943_o10841934_10206251939804363_1482379978199212119_o10835173_10206251930204123_9038955912456133614_o