サン・ホセ(San José,コスタリカ)

サン・ホセ

自然と教育の国コスタリカの首都サン・ホセ。標高1150mの高原都市で年間を通じて過ごしやすく、コロニアル調の町並みはは「中米のスイス」と呼ばれます。自然公園や自然保護区へ多くの旅行者が欧米から訪れています。コスタリカの政治や文化、交通の要衝で、碁盤の目のように区画整理され、国民の約半分がサン・ホセとその周辺に住んでいます。

サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)

教会

サン・ホセ中心部にあるメルセー教会と中央公園前のカテドラル。国民の約85%がカトリック信者です。
サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)

国立博物館

コスタリカの歴史や文化、動植物の生態を勉強するのに適した博物館。1949年にコスタリカ軍が廃止されるまで陸軍の司令部があった要塞の上に建物があります。内部には先史時代の石器や土器、化石や鉱石、植民地時代の家具や装飾品、コーヒー産業の歴史などに関する展示物があります。
サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)

国立劇場

人々に愛され誇りにされるサン・ホセの象徴。パリのオペラ座をもそうして作られたといわれています。劇場正面の屋根には3対の彫刻が立ち、それぞれ舞踊、音楽、名声を表現しています。内部には大理石の階段や豪華なシェンデリアや燭台が見られます。
サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)

中央銀行博物館

文化広場の地下にある博物館で、黄金や先コロンブス時代の遺産や通貨の歴史に関するものが展示されています。
サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)

シモン・ボリーバル動物園

コスタリカに生息する動物が展示されている小さな動物園。珍しい動物がいるわけではないので、平日は閑散としていています。「¡Hola!」と喋るオウムがハイライトでした。
サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)

中央郵便局

郵便機能が停止しているグアテマラと違い、しっかりと機能していました。
サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)

中華街

世界各国で見られる中華街、サン・ホセ内でも存在感を示していました。
サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)

メルカド

サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)

町並み

サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)

移動

国際空港からバスで約20分(545コロン(約100円))で市内まで移動できます。市内に別の空港があり、国内移動の際空港を間違えてしまいました。時間が無い中メーター無しタクシーに乗ったら、足元を見られて見事にぼったくられてしまいましたのでご注意ください。
サン・ホセ(San José,コスタリカ)サン・ホセ(San José,コスタリカ)